工業用硬質クロムめっき

工業用硬質クロムめっきの歴史は工業化されてからまだ80年余。
しかし、その利用範囲は驚くほど多岐にわたっています。
これは、その優れた耐摩耗性、耐熱性、耐食性などの性能によるもので、
年々使用条件が過酷化する機械部品などになくてはならない処理法としてあげられています。

工業用硬質クロムめっきの特徴

性能と特徴については、まず、硬度が大きいことから機械部品や工具類に施すことによって、耐摩耗性が著しく向上します。成型金型類は、離型性がよくなり、製品も美しくなるほか、型の寿命も大幅に延びます。また、耐食性においては、化学・食品工業の分野でも活躍しており、さらには自由な厚さでしかも部分めっきができるため、部品の補修や摩耗した部品の再生ができるなど、工業界に寄与する所は数えきれません。

  • 硬さ

    耐摩耗性で最も重要なのは硬度と摩擦係数ですが、工業用硬質クロムめっきは下のグラフのようにビッカース800~1000以上の値を示し、熱処理鋼、窒化鋼にくらべて、はるかに硬さが大きい事がわかります。

    ブリネルカタサの比較
  • 耐摩耗性

    工業用硬質クロムめっきでもっとも重要視されるのが耐摩耗性です。回転部や摺動部分を持つあらゆる工業製品に利用されて大きな効果をあげています。

    各種のクロムめっきと金属材料の摩擦による摩耗量
    (mg/cm2/3000回)荷重10kg
  • 耐熱性

    「めっきがはげる」という言葉があるように一般のめっきは摩擦や加熱で剥離することもありますが、工業用硬質クロムめっきは材料とほとんど合金化しており、たとえ、空気中で600℃に加熱してもめっきの密着性は全く影響されません。

    加熱によるカタサの変化 ヌープカタサ(荷重500g)
  • 耐食性

    工業用硬質クロムめっきは30μ~50μの厚さになると素地に通じる小孔やクラックが完全に塞がり、充分に被膜されますので、非常に優れた耐食性を発揮します。

    高温ガス中でのクロムの酸化(重量増加 OZ/ft2×102/24hr)

クロムめっきは大きく装飾用と工業用に分けられますが、装飾用はその光沢を利用することが多いのに対して、工業用はその物質的な特徴に注目した利用法が多いです。また、めっき厚が厚い(JISでは2μm以上と規程)ことが装飾用と異なる点です。以下にクロムめっきの特徴を挙げます。

要求される特性 求められる加工対象 備考
高硬度性 シリンダ・ロール・
各種金型・ゲージ
Hvが800~1,000と非常に高い。
潤滑性 シリンダ・ピストンリング・
軸受け・シャフト
潤滑油を使用する環境下で
特に弊社のポーラスめっきは保油性の面でも好ましい。
再加工性 金型 摩耗した部分に肉盛りをすることにより
部品の再生が可能。
肉盛性 ロール・軸受け・シリンダ・
クランクシャフト・金型
金型などはめっきによって再生させる方が
経済的であり、寿命面でもメリットが大きい。
離型性
(非粘着性)
各種金型 金型に要求される特性。低摩擦係数とすべり性に密接な影響。
低摩擦係数 製紙ロール・糸送りロール・ガイド 耐摩耗性・潤滑性に影響。
耐熱性 エンジン部品 400℃以下の高温酸化雰囲気中で使用可能。
耐薬品性 各種塔槽類・熱交換器・バルブ
・フランジ・ポンプ
大部分の化学薬品に対し耐食性を有する特性がある。

製品加工事例(金型・ロール・一般機械部品)

金型への製品加工事例

「大きいものから小さいものまで」を合い言葉に、様々な金型へのめっきに対応しております。30tまで吊ることができます。FRP樹脂金型・インフレダイス・Tダイス等の様々な形状の金型へのめっきが可能です。

ロールへの製品加工事例

アルミ・鉄・ステンレス等様々な素材に対応し、鏡面仕上(0.05S-0.8S)・梨地仕上(Ry3.0μm−Ry50μm)・親水性仕上の表面仕上げが可能です。鏡面仕上の場合はヴァーチカル研磨や湿式・乾式バフにて磨きます。梨地の場合は液体ホーニング・乾式ブラストにてご指定の粗度に加工します。親水性仕上とは印刷用の親水性ロール等に使用され、ロール表面に水の膜を保持することです。サクションロールや溝ロール等の様々なロール形状にも対応しております。無電解ニッケルめっき上に工業用硬質クロムめっきを加工し、耐食性を向上させる(Ni+HCrめっき)等の2層めっきも可能です。

クーリングロール
φ475×1600面長
エンボスロール
φ280×2600面長
アルミガイドロール
φ160×1800面長

一般機械部品への製品加工事例

様々な素材・形状・重量物に対応しております。めっき厚が5μm程度の薄いフラッシュめっきから1mm程度の厚めっきまで対応しております。

PAGETOP