クラック数管理したクロムめっきの期待される効果

2019年12月12日

クラック数の減少により期待される効果:耐食性の向上
  一般的にはクロムめっきの下地にニッケルめっきを施す必要があります。
クロムめっきに存在するクラックが素地まで通じているので、素地を腐食させてしまうためです。
そのため、クラック数を減少させることにより、耐食性の向上を期待することができます。

応用が期待される分野:
・薬品・海水等にさらされる機器
・食品加工用機器
・クラックの転写を望まない印刷用ロール
・工具類  等


クラック数の増大により期待される効果:耐摩耗性の向上
クロムの表面は潤滑油が浸透しづらいため、表面の油膜が欠乏し潤滑が十分に行われません。
この問題は、クラックを増大させることにより、クロムめっき表面の隙間に潤滑油を保持させ、解決することができます。

応用が期待される分野:
航空機エンジン・船用エンジン・その他多くのエンジン
軸および軸受け
回転・往復運動する部品類
ピストンロッド   等

PAGETOP